チンバッソ

JBCBS-900L

チンバッソ JBCBS-900Lの詳細

19世紀中期、オーストリアからイタリアに伝わったヴァルブ式のトロンボーンが、F管コントラトロンボーンに応用され、ヴァルブ式のコントラバストロンボーンが生まれました。現在《チンバッソ》と呼ばれる楽器です。それ以前、イタリアではバス・ホルンをチンバッソと呼称していました。
ヴェルディやプッチーニのオペラで多く使用されます。スライドトロンボーンと違い、音の変わり目がはっきりするチンバッソはトロンボーンとチューバの中間の楽器とも言えます。
またコントラバストロンボーンと指定された楽譜でも演奏が困難なトリルや早いフレーズで書かれたで曲はチンバッソが想定されていたのではないかと考えられる曲もあり、意外に出番の多い楽器です。
JINBAOではトロンボーンとチューバで培われた技術で製造されており、価格以上の楽器となっています。

調性
F
仕上げ
ラッカー仕上げ
ケース
ハードケース
定価(税抜)
925,000円
 
詳細な仕様はこちら

ボア
18.5mm
ベル
268mm イエローブラス
チューニングスライド
キュプロニッケル
ピストン
イエローブラス
リードパイプ
キュプロニッケル


他のトロンボーンを探す

ページの先頭へ