金山 徹 

マルチリード奏者

プレイヤー

金山 徹

サクソフォーン

鳴りは全然問題なし

試奏楽器:JBSST-410L/JBAS-200L/JBTS-100L/JBBS-110L

作りがスゴく良くて、鳴りも良いです。軽い鳴りの楽器が多いので、そういう意味ではしっかり鳴るのは良いことです。

金山徹プロフィール

1960年、山口県生まれ。武蔵野音楽大学卒業。クラリネットを千葉国夫(故人)、村井祐児、柏野晋吾、西村一の各氏に師事。在学中は同大学ウィンドアンサンブルのコンサートマスターとして、レコーディングやアメリカ演奏旅行を行う。
卒業後はマルチリード奏者として、劇団四季をはじめ、数多くのミュージカル公演、レコーディングに参加。キーボード奏者としても、多くのアーチストのツアーに参加。また作編曲家として、Kinki Kids、光GENJI、少年隊などのコンサートやアルバムに参加。吹奏楽の編曲も多く、約80曲を出版する他、コンクール自由曲、演奏会などのための編曲作品多数。

関連動画

ページの先頭へ